スポンサーリンク

日商簿記の勉強を始めたクソみたいな動機

未分類

大学2年生になって、だんだん大学生活にも慣れてきたころです。

大学の講義はどれもつまらなく感じて、僕の学部はとても緩かったので、出席して提出物出しとけば単位がもらえるような授業が多かったです。

だから、授業中にスマホを触ったり寝たりなどはもう当たり前のようになっていました(クズ)

 

そこで、授業中の暇な時間に何かできないかなと考えました。

思いついたのは、相変わらず時間には余裕があったので、将来のことも考えて資格を取得しようと思いました。

 

授業中の暇つぶしに資格の勉強をするという不純な動機ですが、僕は資格の勉強に取り組みました。

まず始めたのが、日商簿記検定です。

この資格を選んだのは、ネットで「就職で有利な資格ランキング」みたいなサイトで日商簿記が1位だったからです(笑)

 

日商簿記検定の詳細や勉強法については、以下のリンクで詳しく説明しています。

 

そして、授業中には日商簿記の猛勉強をしていました。

 

スマホ触ってるくらいならまだマシですよね

(良くない)

 

日商簿記の詳細を見てもらえば分かっていただけると思いますが、数字を扱うことがほとんどなので、僕にとって難しかったです。

 

テキストには「2週間で取得できる!」

と書いてありましたが、

僕は2ヶ月ほどは勉強した気がします。

まあ、頭良くないくせに授業中に勉強するなんて効率の悪いことをやっていたからなんですけどね←

 

直前まで真剣に勉強して、試験当日に腹痛に襲われながらも無事に日商簿記3級の資格を取得することができました!

このときの解放感はたまらなかったです。

 

履歴書に書ける武器が増えたのでこれは良い行動を起こしたなと今では思っています。

 

皆さんは授業中に内職する悪い人間になってはダメですよ。絶対にダメですからね。(誘惑)

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました