スポンサーリンク

ブライダルスタッフでの失敗談

未分類

僕は、大学1年生の9月から3月までブライダルスタッフをやっていました。

仕事内容は、結婚式での音響の準備や簡単な配膳ですね。

 

このアルバイトを始めた理由は、僕は騒がしい場所は好まないので、居酒屋やスーパーのような環境では働きたくなかったので、ホテルを選びました。

 

アルバイトをしながら、他人の結婚式を見ることができるのはとても良い経験になったなと思います。

全く知らない新郎新婦ですが、最後のご両親への手紙を読んでおられるときはもう泣きそうになります(泣)

 



 

そんな大事な結婚式で、僕は割と大きめなミスをしてしまったことがあります。

それは、マイクの音量設定を間違って設定していた時です。

 

乾杯の挨拶の際に、

会場中に「キーーーン」という嫌な音が響きわたりました。

 

そこで気づきました。

中途半端な気持ちでこの仕事はできないなと。

 

結婚式は、その人たちにとっては人生に一度の大きなイベントです。

僕たちは仕事で他人の結婚式を何回も見ているので、そのような大事なイベントだいうことを、僕は意識が薄れていました。

そこに僕みたいな、「お金を稼ぐためにアルバイトしてるだけ」というような気持ちで仕事をしていたらいけないなと感じました。

素敵な大イベントを台無しにしかねません

そこで、その失敗後もアルバイトを続けましたが、この仕事は自分には向いていないと気付き、8か月ほどでこのアルバイトをやめました。

 

辞めてしまいましたが、このアルバイトはやってよかったと思います。

人の結婚式を見る機会って、この仕事をしていないとそう何回も見れないですからね。

貴重な経験ができました。

アルバイトに困っている方は是非ブライダルスタッフを。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

1日から働ける激短バイト!ショットワークス

コメント

タイトルとURLをコピーしました