スポンサーリンク

高校の入学式で大失態

未分類

高校の入学式。

これってとても重要なイベントですよね。

新生活を左右する初めの一歩ですからね。

 

僕はそんな大事なイベントで失態をおかしました。

それは、\遅刻/です。

 

中学時代、僕は勉強が苦手だったので、家の近くの偏差値の良い高校には行けず、家から自転車で1時間以上、電車を使っても1時間以上かかる距離の学校に入学することに決めました。

 

入学前に一度下見がてらに通学に何分くらいかかるのか調べておけば良かったのですが、入学前の僕は1時間はかからないだろうとなめていました。

その結果、自転車で爆走したのにも関わらず、10分ほど遅刻をしてしまいました。

 

もう汗だくだくで、顔色も悪かったと思います。

1時間以上かけて高校に到着すると、校門に生徒指導の先生たちが立っていました。

 

もう帰りたかったですね~。

 

強面の先生たちに、なぜ遅刻したのかを聞かれました。

ゆとり世代なのでビンタまではされませんでしたが、なかなか怒られました。

 

ようやく校門を抜けて、クラスに向かい、ガラガラと扉を開けると、みんなの視線が一斉に僕に刺さりました。

入学初日に遅刻したのなんて僕くらいでしょうから、とんだ問題児が入ってきたなと思われたでしょうね。

 

しかもクラスで知っている人は誰もいなかったので、笑にもならず、静かな空気が流れ続けました。

 

このように僕の高校生活初日は最悪なものでした(笑)

無事に高校も卒業できたので、今となっては良い笑い話ですが、入社式当日は絶対遅刻しないように気を付けたいと思います(笑)

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



コメント

タイトルとURLをコピーしました