スポンサーリンク

新入社員は何があっても遅刻厳禁!

未分類

遅刻をしない

これって当たり前のことですが、これを毎日続けるのって結構しんどいですよね。

特に大学生を経験した人は、

 

  • 昼過ぎに起きるのは日常
  • 授業に遅刻しても何も言われない
  • 授業をサボるのが当たり前

 

など、このような行為は大学生では当たり前のように許されていると思います。

僕もこのようなダラダラした生活を送っていました、、、

このようなギャップもあるため、朝早起きして遅刻しないように会社へ行くことは初めはとても大変だと思います。

ですが、これは社会人としての評価に大きく関わってくるので、絶対に守らなければなりません。

今回は、もし遅刻をした場合の連絡方法、そして遅刻がどれほど重要な評価に関わってくるのかを紹介しようと思います。

 

遅刻・欠勤連絡は電話で

台風や電車の遅延など、様々なアクシデントが起こることもあるでしょう。

やむを得ない事情があるときを除いては、不慮の事態にも対応できるよう、時間に余裕を持って行動することを心掛ける必要があります。

もしやむを得ず遅れてしまうような場合には、

 

必ず電話で連絡

 

をするようにしてください。

アルバイト先によっては、LINEやメールの連絡で許される場所もあったと思いますが、

携帯からメールを送っただけでは、新社会人としては十分な連絡にならないのです。

 

入社1年目に優秀さは求められていない

新卒入社や転職初年度の社員に対して、受け入れる側が最初に持つのは、優秀な人

物かどうかという視点ではありません。

 

「社会人として当たり前のことを、ちゃんとやれる人物か」

 

当たり前のことができない人物という、悪い意味で目立つような行動をしてはいけません。

遅刻をする新人、よく休む新人などというマイナスイメージを持たれてしまうと、それを払拭し、プラスイメージに覆すのは非常に困難です

あなたがいくら優秀で高い能力を備えていても、それを発揮する機会を得ない限り

評価してもらえません。

 

最初が肝心!

新人時代の印象でその後のキャリアが決まると思って行動しましょう。

上司や先輩に仕事ぶりを見てもらう前に、だらしのないイメージを植えつけてしまっては、周囲からの信頼を勝ち得ることはできないのです。

 

「だらしのない新人にはこの仕事を任せるわけにはいかない」

「別の人間にやってもらおう」

 

たった一度の遅刻によってチャンスを逃し、あなたの能力を発揮する機会さえ失われてしまうこともあるのです。

このような新入社員にが心がけるべき内容を他にもまとめているので、是非参考にしてください!

 

新入社員は知っておきたい、仕事の原則Part1
僕は2020年卒なので、4月から新社会人となります。 正直、うまくやっていけるか不安です。 そこで、入社する前に社会人にとって必要なスキルを知っておきたくて、この本を読みました。 (function(b,c,f...

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました