スポンサーリンク

【第4弾】塾の教室長ってどんな仕事してるの??

未分類

第4弾は、塾を経営している教育業界の会社へのインターンシップのお話です。

私は学生時代にいくつかの塾に通ったことがありますが、そういえば社員の人はどのようなしてるのだろう?と疑問に思いました。

今回は、どのような業務内容を行うのかという点についてもざっくり紹介したいと思います。

それでは、当日のプログラムの順にインターンシップでどのようなことをしたのか紹介していきます。

 

就職活動講座

この会社は、自分たちの会社の説明もかねて業界研究・企業研究のやり方や、面接、グループワーク選考の際にどのような準備が必要なのかについて説明してくれました。

このインターンに参加した時期が、3回生の9月だったので、まだ何も知らない私たち学生にとってはとてもありがたい時間でした。

このようなインターンだと、初めて参加する人やインターンって難しそうと思っている人には参加しやすい内容ですので、ぜひ探して見つけてみてください。

 

時間割作成体験

このプログラムは、生徒の成績を上げるために講師との組み合わせを考えようという内容でした。これはとても面白い仕事だなと感じました。どのようなことをしたのか少し例を挙げてみます。

 

生徒A

性格:小学校の頃から勉強に苦手意識を持っていて、自分に自信がない。間違いを指摘されるのが怖くてなかなか答えが書けない

 

生徒B

性格:明るい性格だが、サッカーのクラブチームに所属しており、疲れた顔で塾に来ることが多く、勉強とスポーツの両立ができるか不安。

 

C先生

性格:物腰が柔らかい。口調がやさしく褒めるのが上手。

 

D先生

性格:明るくてしゃべることが好きな性格。学生時代に運動部に所属していた。

 

 

このような、生徒・講師がいた場合、あなたはどのような組み合わせを考えますか?

おそらくこの場合であれば、生徒AとC先生、生徒BとD先生という組み合わせが正しいでしょう。

このように生徒・講師それぞれの特徴を理解したうえで、生徒の成績が伸びるようにそれぞれの特徴にあった先生を組み合わせます。これも教室長の一つの仕事なのです。

学生時代は今まで何気なく塾に通っていましたが、教室側ではこのような工夫がされていたと思うと面白いですよね!

 

広報宣伝企画

生徒の募集も教室長の仕事です。生徒が集まらなければ塾として成り立たないので、とても重要な仕事といえます。

口コミや広告など、様々な宣伝方法がありますが、今回はチラシで集客する方法について考えました。

チラシは皆さんも一度は目にしたことがあるかもしれません。その際に、このような内容が大きく書かれていませんか?

 

  • 価格
  • 安心感・成績上がる
  • こんな人にピッタリ

 

それぞれの塾によって強みが違うと思います。その際に、それをどのようにアピールするのかが重要になってきます。

このような決まり文句をどのように表現するか、またそれが伝わりやすいようにどのようなデザインにするかなど、工夫するところはたくさんあります。

デザインが好きな人にとっては楽しい仕事かもしれませんね。

 

最後に

高校生の時は、今まで何気なく塾に通って勉強していましたが、このインターンシップを通して、塾はこのように経営されているのかというのがよく分かりました。

それと同時に、この塾を通して子どもたちの進路も左右される責任感のある仕事ではありますが、それと同時に生徒の成績が上がったときはとても達成感があるのだろうなと思い、魅力的な仕事だと感じました!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました