スポンサーリンク

【第3弾】なんだこれは!?驚きのセンサー業界

未分類

就活体験記の第3弾は、センサーを作っている会社へインターンに行った話です。最初に、僕はセンサーと聞いても

「何それ?何に使われてるの?」

と疑問を持ちながらインターンに参加してみました。

 

ですが、結果的に僕は今まで20社ほどインターンシップに行きましたが、この会社のインターンシップがとても印象に残っています。

それでは、どのような内容を行ったか当日のプログラムに添って紹介していきます!

 

業界説明・会社説明会

この業界の成長性、またどのようなセンサーを扱っている会社なのかを説明されました。この会社が扱っている製品はとても幅広い製品を扱っており、例えば

  • 警報機
  • 赤外線センサー
  • 防犯センサー

これらのセンサーは、火災・人・光などあらゆるものを探知し、私たちの日常生活において、危険から身を守ってくれているのです。

このような人々の生活を守る使命を果たしているこの会社は、僕にとってとても魅力的に感じ、興味を持ちました。

 

先輩社員と昼食

午前の部が終わって、昼食は社員食堂で入社3年目の方と一緒にご飯を食べました。その際に、会社のことや就職活動の進め方について様々なことを教えてもらいました。

このような休み時間で、入社してまだ間もない方の話はとても参考になると思います。それは結構ぶっちゃけた話をしてくれるからです(笑)

この会社の良くないところも普通に話してくれたり、最近まで就職活動をして実際に入社している先輩なのでとても参考になります。

こういう機会を大切にいろいろな質問をしてみることをお勧めします!

 

 

このような先輩と話をする座談会で、どのような質問をすればいいのかについての記事も書いているので参考にしてみてくださいね!

製品の模擬体験

午後は、会社で取り扱っている製品を実際に体験させていただきました。一つは、赤外線センサーです。

例えば、銀行や美術館などのほとんどは夜に営業していませんよね?その際に、夜に強盗を狙う人がいます。

そのような人の不正な行為を許さないために、このセンサーがあります。

侵入されないように、図のような赤外線センサーが入り口に設置されており、人が通ると反応します。

そして、ここで驚きなのが通信回線を利用して、24時間稼働している警備会社に、違法な侵入があったことを伝えてくれるのです。

この製品の精度はとても高く、例えば、ちょっとした光を探知すると誤って反応してしまう場合があり、警備会社の人が現場に向かっても何もない。という事態が起こることもあるのですが、この会社のセンサーはそれが一切ありませんでした。

このような製品が私たちの生活を守っているのだと実感して、とても良い経験になりました。

 

最後に

このインターンシップは、僕にとってとても貴重な経験になりました。

この会社を通してもちろんセンサーにも興味を持ちましたし、なにより「モノづくり」を通して社会に貢献する仕事に魅力を感じました。

僕たちの普段の生活の何気ないところでも、このモノがあることで快適に安全な生活を送れていることは間違いありません。

またインターンシップに参加したことで新しい仕事を知ることができました\(^o^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました