スポンサーリンク

【必見】断られるのが怖い?人に断られない頼み方を解説!

未分類

人に好かれるためには、

「助ける」よりも

「助けてもらう」方が好かれるって知っていましたか!?

 

その詳細については以下のリンクで解説しているので、そちらも参考にしてください!

 

得する人は助けてもらっている?損する人との違い
同性でも異性でも 年上でも年下でも 誰かと仲良くなろうと思うと、相手のために何かをしてあげようとか、できることがあれば何か助けてあげたいと考えますよね? 実は、相手に好かれようと思って、相手のことを一生懸命助けようとする行...

 

でも人に助けてもらうって難しいですよね、、、

僕はとても苦手で、なかなか人を頼れません。

 

  • 断られたらどうしよう
  • 相手の迷惑だったらどうしよう
  • 今忙しくないかな

 

このように相手に気を使ってなかなか人に頼ることができません。

今回は、僕のように助けてもらうことがに苦手な人の為に、相手の負担にならずに、上手に周りに助けてもらうためのテクニックを紹介していきます。

理解して、これを実践していきましょう!

 

相手にもメリットがある

まず、他人にお願い事をするのは悪いことではありません。

むしろ、相手にとってメリットがあることだということを理解しておいてください。

 

え!迷惑なんじゃないの?

 

つまり、皆さんがお願い事をして相手がそれに応えてくれた時には、皆さんだけがメリットを得ているわけではなく、相手にも心理的に大きなメリットがあるということを考えましょう。

 

他人に頼るということは、他力本願で、自分の力が身につかないと嫌なイメージを持つ人も多いです。

皆さんが頼み事をした相手がそれをどのように思っているのかということは、相手の立場に立って考えないとわかりません。

相手の立場に立って考えると分かってくることですが、頼み事には面倒な場合と面倒でない場合があります。

ではそれはどのような内容なのでしょうか。

 

相手が得意な分野を知る

自分の苦手な分野や、知識のない分野で頼られるのって、分からないし嫌ですよね。

例えば、運動が苦手な人が運動のことに対して助けを求められても、分からないし面倒だなと考えると思います。

では、逆にどんな頼みごとであれば快く受け入れるでしょうか。

 

それは、自分の得意なことです。

自分の得意なことで頼られた場合に関しては、

 

  • 自分が尊重されている
  • 認められている
  • 必要とされている

 

それによって自尊心も高まります。

頼みごとをすることによって、相手の存在価値を認めてあげるということができるわけです。

この必要とされているという感覚というものは、お金を出してもなかなか手に入れることができない感覚です。

 

たしかに、人に必要とされるのって嬉しいかも

 

人に頼むポイント

  • 相手を観察し、理解する
  • 相手の得意分野を見つける
  • その人の得意分野で助けを求める

 

例えば、

 

  • パソコンが得意な人にパソコンの話を相談する
  • 写真が好きな人に取り方を教えてもらう
  • その人の得意な科目で教えを乞う

 

などなど、このようなことだけでも、相手に対して大きな心理的な満足感を与えることができます。

 

頼み事は意外と断られない

僕たちが思っているほど、人間は頼み事を断ることはありません。

 

  • 断られたらどうしよう
  • 相手の迷惑だったらどうしよう
  • 今忙しくないかな

 

このように相手に気を使って、実際に頼み事をしない人が多いと思います。

ですが、実際にはそんなことはありません。

 

え、なんで??

 

自分が頼みごとをされる側であればどのように感じるかということを考えると見えてきます。

そう考えると、相手の頼みごとを断るのって気まずくないですか?

つまり、僕たちは頼みごとをするときに断られてしまったら嫌だなと考えるわけですが、頼まれる側は、頼まれたことを断るのは気まずいものです。

 

たしかに、断ったら変な空気になりそう

 

僕たちが思っている以上に頼みごと断ることは大きな決断なのです。

 

断られると思い込んでいる

ですから、相手が断らない可能性は高いです。

実際に僕達がお願い事をした時に、それを断られる確率は僕達が思っているよりもかなり低いということが様々な研究によりわかっています。

 

人間は自分が相手にかなり面倒なお願いをする場合どうなるのかという研究を見てみると、実際よりも半分の確率ぐらいでしか相手が YES と答えてくれないと思っているということです。

つまり、僕たちがお願い事をする時に相手が YES と答えてくれるであろうと考えている確率は、実際にお願い事を聞いてくれる確率の半分程度になってしまいます。

出典:Youtube

 

要するに、僕たちが想定している確率の2倍ぐらいの確率で相手はYESと答えてくれるということです。

 

僕たちがマイナスに考え過ぎなんだ

 

断られても元に戻るだけ

仮に断られた場合であっても、元々頼まなかった時と同じ状況に戻るだけですから、頼んだ方が得ですよね。

相手は、僕たちが思っている想定の2倍も相手は YES と答えてくれる可能性があります。

しかも仮に断られたとしても、あっさりと納得しておけば元々の状況に戻るだけです。

 

お願い事を相手が受け入れてくれた場合には、相手から好かれやすくなるわけですから、これはするしかないですね。

ほんの些細な親切を求める回数を重ねるようにします。

そんなに大きなお願い事をするわけではありませんから、実際にはもっと高確率で皆さんのお願い事を受け入れてくれるはずです。

まずは勇気を出して小さなお願いごとをしていきましょう!

 

頼まれたら自分も何か頼み事をする

頼まれてばかりのただの良い人にならないために、頼みごとを引き受けるときには、その場で自分も何か頼み事をするようにしましょう。

これはとても有効的なテクニックです。

まず相手が頼み事をしてきた時にそれを引き受けるので、その時点で皆さんはとてもいい人です。

そして、代わりにこれをお願いしたいというようなお願いを皆さんがするとします。

そこで仮にそれを相手が引き受けない場合には、相手はとても嫌な人になってしまいますよね。

頼みごとを引き受けるときには代わりの頼みごとをするというようにすると、自分の労力を増やすことなく相手との関係を築いていくこともできますのでおすすめの方法です。

 

将来の約束を取り付ける

頼みごとを引き受けるときに代わりに何かお願いをしようとしても、お願いをすることが特にないという場合もあると思います。

そのような時は、

 

  • 困った時はお互い様だよ
  • もし僕が困った時には助けてくれるよね

 

というような内容を返すといいです。

これは具体的な方がいいので、

 

例えば、

自分が英語の問題を教えてあげるとき、

 

「もちろん引き受けるよ、逆に、僕が数学で分からない問題があったとき、教えてくれるよね」

 

と答えておきます。

この時に大事なのは、相手に「YES」と言わせることです。

 

僕たちはわざわざ口で言わなくても、

相手は自分に借りがあるから、きっと助けてくれるだろう

 

と考えてしまいます。

ですが、このようにお願い事をされた時に、「自分が困った時には助けてくれるよね」という事を確認しておくと、実際に困った時に助けてくれる確率が上がるという研究もあります。

これはギブアンドテイクのドライな関係のようにも見えます。

普段からこれをしておくとお互いに助け合う関係になることができますので、結局は親しい関係になれるということになります。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

人に上手に助けてもらえる方法を紹介していきましたが、頼むことに対するハードルがかなり下がったのではないでしょうか。

よくよく考えてみると、自分がお願い事をして断られるケースって、了承してもらえる場合に比べると少ないですよね。

自分が一方的に、不安に思っていただけで、内容によっては相手は好意的に受け入れてくれることが分かりました。

僕は人に頼むことがもの凄く苦手でしたが、この内容を知って気持ちが少し楽になり、頼むハードルが下がりました。

人に助けてもらうことで好かれる効果もあるので、是非実践してみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました