【科学的適職】仕事が好きになれない。向いていないと感じたら。

仕事

「好きなことを仕事にしたら、人生幸せだよ」

現代のキャリアアドバイスで、よく耳にする言葉ですよね。

 

私も就職活動の際に、あらゆるセミナーで
「好きを仕事に」という言葉をよく聞かされてきました。

 

ですが就職した今、好きなことを仕事に出来たのか?と問われると、

答えはよく分かりません。。。

 

そんな仕事に対してモヤモヤしていた私の意識を変えてくれたのが、「科学的な適職」という本です。

 

⇒この本をkindleで無料で読む

 

こちらの本は、世界の4021もの研究データを参考にして、「適職」について分析されています。

 

著書では、

多くの職業研究によれば、自分の好きなことを仕事にしようがしまいが最終的な幸福感は変わらない

引用:科学的な適職

 

と書かれています。

それは一体なぜなのでしょうか。

 

仕事観で幸福度が変わる

2015年、ミシガン州立大学が「好きなことを仕事にする人は本当に幸せなのか」というテーマで、大規模な調査を行いました。

 

仕事の考え方が個人の幸福度にどう影響するのかを調べたということです。

 

研究チームは、被験者の「仕事観」を2パターンに分類しました。

 

適合派
「好きなことを仕事にするのが幸せだ」と考えるタイプ。「 給料が安くても満足できる仕事をしたい」と答える傾向が強い

 

成長派

「仕事は続けるうちに好きになるものだ」と考えるタイプ。「そんなに仕事は楽しくなくてもいいけど給料は欲しい」と答える傾向が強い

 

皆さんは、どちらの方が幸せになれると思いましたか?

 

私は今まで、適合派でないと幸せになれないと思っていました。

ところが、結果は意外なものでした。

 

適合派の幸福度が高いのは最初だけで、1~5年の長いスパンで見た場合、両者の幸福度・年収・キャリアなどのレベルは成長派のほうが高かったからです。

 

では、なぜ「仕事は続けるうちに好きになるものだ」と考える成長派の方が良い結果になったのでしょうか。

 

 

適合派の特徴

研究チームは「適合派は自分が情熱を持てる職を探すのがうまいが、実際にはどんな仕事も好きになれない面がある」と言います。

 

これは、いかに好きな仕事だろうが、現実には様々な弊害が生じるからです。

 

  • 職場の雰囲気が自分と合わない
  • やりたくない業務的な仕事
  • 急なトラブルが多い

などといった大量の面倒が起きるのは当然のことです。

 

「好きな仕事」を求める気持ちが強いと、

そのぶんだけ現実の仕事に対するギャップを感じやすくなります。

適合派のなかには「いまの仕事を本当に好きなのだろか?」という疑念や不安が生まれます。

 

その結果、幸福度が下がるわけです。

 

成長派

一方の、「仕事は続けるうちに好きになるものだ」と考える成長派ですが、

 

仕事への思い入れがないぶんだけトラブルに強い傾向があります。

もともと仕事に大した期待を持たないため、小さなトラブルが起きても「仕事とはこんなものだ」と思うことができるからです。

 

結果、自分にとって何か弊害となる出来事が起こっても、幸福度が下がらず仕事に取り組むことが出来るのです。

 

好きを仕事にするとスキルも伸びない?

次は、オックスフォード大学が行った別の研究です。

結論は、「好きを仕事にした人ほど、長続きしない」ということが分かりました。

 

研究では、動物保護施設で働く男女にインタビューを行った調査で、彼らの働きぶりをもとに3つのグループに分けました。

 

①好きを仕事に派

「自分はこの仕事が大好きだ!」と感じながら仕事に取り組むタイプ

 

②情熱派

「この仕事で社会に貢献するのだ!」と思いながら仕事に取り組むタイプ

 

③割り切り派

「仕事は仕事」と割り切って日々の業務に取り組むタイプ

 

以上3つのグループに分けました。

 

結果、最も優秀だったのは③割り切り派でした。

情熱をもって仕事を取り組んだ方が良さそうに思えますが、なぜこのような結果になったのでしょうか。

 

結果の分析

割り切り派が優秀という結果が出た理由は、先ほどのミシガン州立大学での研究と同様です。

 

もし好きな仕事に就けて最初のうちは喜びを感じられたとしても、現実はそこまで甘く ありません。

 

どんなに好きな仕事でも 顧客のクレーム処理やサービス残業のような面倒ごとは必ず発生するものです。

すると 、好きなことを仕事にしていた人ほど

 

  • この仕事好きじゃないかも
  • 自分に向いていないかも
  • もっと他に良い仕事があるかも

 

などの疑念にとりつかれ、モチベーションが大きく上下するようになってしまうのです。

それが結果として、安定したスキルは身につかず、離職率も上がってしまうのです。

 

 

「天職」の探し方

上記2つの研究データで、好きを仕事にできなくても不幸にならない。ということが分かりました。

では、自分の仕事に情熱を持って取り組める「天職」は、どのような職なのでしょうか。

 

研究データを見ていきます。

 

2014年にロイファナ大学が多数の起業家にアンケートを行い、それぞれが「いまの 仕事をどれだけ天職だととらえ ているか?」を尋ね、「仕事に投入している努力の量」や、「 毎日どれだけワクワクしながら働けているか?」といったポイントをチェックしました。

引用:科学的な適職

 

その結果は、次のような事実です。

 

①いまの仕事に対する情熱の量は、前の週に注いだ努力の量に比例していた 

②過去に注いできた努力の量が多くなるほど、現時点での情熱の量も増加した

 

なんと、被験者のなかで、最初から自分の仕事を天職だと考えていた人はほぼいませんでした。

 

最初のうちはなんとなく仕事を始めたのに、それに努力を注ぎ込むうちに情熱が高まり、天職に変わった人がほとんどだったのです。

 

これは驚きの結果ですよね!

これは仕事以外の場面でも同じです。

 

  • 愛着のあるコレクションを手放せない
  • 何年も前にやっていたスポーツが今でも好き
  • 強くできたゲームをやめたくない

 

つまり、

「 情熱を持てる仕事」とは

この世のどこかで、待っているわけではありません。

その仕事に情熱を持てるかどうかは、自分自身が人生で注いだ努力の量に比例するのです。

 

以上の結果から、情熱はその仕事に対して努力をしていたら、後からついてくるということが分かりましたね。

 

今までの自分の考えが覆されました。。。(泣)

 

⇒この本をkindleで無料で読む

まとめ

自分の仕事に対して、

仕事が好きになれない
この仕事向いてないかも

 

と悩み「科学的な適職」を手に取りました。

 

読み終わった後は、

まずは、自分がこの仕事を好きになる努力をしよう

 

と思うようになりました。

下記のポイントに気を付けて、今の仕事が「天職」になるような努力をしていきたいと思います!

 

  • 「適職」「天職」は、初めから存在するものではない
  • 仕事に対して努力をしていたら、後から情熱がついてくる
  • 仕事は仕事と割り切ろう

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました