スポンサーリンク

【2020年版】日商簿記検定ってどんな資格??

未分類

資格の中でも、毎年人気ランキングで上位に食い込んでくるのがこの日商簿記検定です。

この資格は、就職・転職活動でも強みになり、仕事でも実践的に使えることから非常に人気な資格になっています!

では、この日商簿記検定とはどのような資格なのでしょうか。

「小顔ハリ美肌コース」エステ体験

 

日商簿記検定とは?

簿記は、企業規模の大小や業種、業態を問わずに、日々の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明らかにする技能です。

日本商工会議所より引用

 

難しく書いてありますが、簿記を理解することによって以下のようなスキルを身に着けることができます

 

  • 企業の経理事務に必要な会計知識
  • 社会人として必要とされる基礎的な経営管理や分析力
  • ビジネスの基本であるコストの感覚
  • 取引先の経営状況を把握できる

 

このように、簿記は経理担当者だけではなく、多くの社会人に役立つ資格なんです!

さらに、公認会計士や税理士等の国家資格を目指す方や他の資格・検定と組み合わせてキャリアアップ、自分を成長させたいと考えている方々にも必須の資格といえます。

どんな職種で活躍できる?

主に企業の経理部です!

経理の仕事は、会社におけるお金の流れを正確に管理することです。

具体的には

  • 日々の売上管理
  • 仕入れ管理
  • 給与・保険の管理・計算
  • 税金の計算決算書作成

などがあります。

経理の仕事は、内容に派手さはなく、コツコツと積み重ねていくことが大切な仕事です。

ですが、経営判断で重要となるお金の管理を行っている業務になるため、会社には欠かせない存在です

何級から受ければいい?

まずは、日商簿記検定3級の合格を目標にしましょう。

その理由の一つとして、難易度の違いが大きいからです。

  • 3級 約45%
  • 2級 約23%
  • 1級 約10%

このように、日商簿記の合格率は意外に低く、なかなか難易度が高いのです。

なのでいきなり2級から受けるというのは無謀といえるでしょう。

3級でも基礎的な知識は身に着けることができますし、社会人になっても十分に活躍できる場所はあるので、まずは3級から受けることをお勧めします。

最後に

このように、日商簿記検定を取得しておくことで、社会人としての必要である基礎的な知識が身に着き、幅広い人に役に立つため非常に人気な資格となっているのです。

勉強方法や、おすすめの教材なども紹介しているので、是非参考にしてください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました