スポンサーリンク

目覚めが悪い?睡眠の質に原因が!

未分類

この記事はこんな方におすすめです。

 

  • 夜なかなか眠れない
  • 長い時間寝ても眠い
  • 睡眠時間が確保できず短い

 

皆さんは、快適な睡眠をしていますか?

僕は最近、目覚めが悪いです、、、

僕は比較的に睡眠時間を大事にしていて、少なくても7時間以上は寝ています。

ですが、睡眠時間を多く確保していても、目覚めが悪かったり、日中に眠気が襲ってくることってありませんか?

実はそれ、睡眠の質が影響しているのです!

スタンフォード式 最高の睡眠という本を参考に紹介します。

 

 

日本人は睡眠時間が少ない!

実は日本では睡眠負債を抱える

「睡眠不足症候群」

の人が外国に比べて多いというデータがあります。

 

平均睡眠時間
フランス 8.7時間
アメリカ 7.5時間
日本 6.5時間

 

こう見てみると、日本の平均時間ってとても少ないですよね。

そしてなんと、日本人の中で睡眠時間が6時間未満の人が約40%もいるという現状があります。

 

しかし、ある調査では、6時間未満しか寝ていない日本人も、実は7.2時間くらい寝たいと感じています。

この眠りたい時間と実際の睡眠時間の差が日本は外国に比べて大きいのです。

 

このように、仕事やアルバイト、部活動などで忙しい人たちも本当はもっと眠りたいけど、なかなか時間的な都合もあり眠れない人が多くいます。

睡眠は量より質が大切!

今の睡眠を改善したいと思っても、忙しい現代人にとって今以上の睡眠量の確保はなかなか厳しいものです。

仕事、学校、アルバイト、部活動から家に帰っても、家事や勉強などやるべきことをする時間が必要であったり、趣味や娯楽のような息抜きの時間も必要ですよね。

そのようなことに時間を割いていると、自然と睡眠時間が削られてしまいます。

 

そんな忙しい現代人に朗報です。

睡眠の質は、眠り始める90分で決まる

それはなぜなのでしょうか?

この理由には、

 

レム睡眠
(脳は起きていて体は眠っている睡眠)

ノンレム睡眠
(脳も体も眠っている睡眠)

 

が関係しています。

寝付いた後にすぐに訪れるのはノンレム睡眠で、最初の90分間のノンレム睡眠は、睡眠全体の中で最も深い眠りとなっています。

 

この段階で、寝ている人を起こそうとしてもなかなか目覚めません。

そして90分のあとにやってくるのがレム睡眠です。

夢を見るタイミングはこのレム睡眠のときです。

 

スタンフォード式 最高の睡眠

 

睡眠で意識したいのが最初の90分のノンレム睡眠です。

ここで深く眠ることができれば、その後の睡眠リズムが整い、自律神経やホルモンの動きが良くなるので、翌日のパフォーマンスが上がります。

 

では具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

質を高めると身体に良い!

成長ホルモンが最も多く分泌されるのは、最初のノンレム睡眠が訪れた時です。

ここの睡眠の質が悪ければ、成長ホルモンは正常に分泌されません。

 

成長ホルモンと聞くと、子どもの成長にしか関係ないのでは?と思う方も多いと思います。

ですが、大人の細胞の増殖や正常な代謝を促進させる働きがあるのです!


この他にも、

 

  • 身体や心の老化を防ぐ
  • スッキリした朝を迎えることができる
  • 昼間の眠気が抑えられる

 

このように身体に嬉しい効果がたくさんあります!

最後に

朝の目覚めの悪さや、昼間の眠気は睡眠時間が影響していたのではなく、睡眠の質が良くないということが分かりましたね。

寝る時間がない人にとっては、絶対に90分の質を下げてはいけないということが言えると思います。

では、睡眠の質を上げるためにはどのような行動をとれば良いのでしょうか。

それについては、以下のリンクで紹介しているので是非参考にしてください!

 

快適に眠るための3つの方法!
睡眠時間って、長ければ長いほど眠気や疲れが取れるという認識ってありますよね。 ですが、睡眠は量より質のほうが大事なんです! その詳細については以下の記事で紹介しているので、参考にしてみてくださいね。 ...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました