スポンサーリンク

【大学生】サークルは入るべき?入らないメリットとは?

未分類

この記事はこんな方におすすめです。

 

  • サークルに入ろうか迷っている新入生
  • サークルに入りそびれた人
  • 学生生活が充実してないと感じている人

 

突然ですが、大学生の皆さんはサークルに入っていますか?

または、サークルに入っていましたか?

高校生の皆さんからすると、大学のサークルってキラキラしたイメージがありますよね!

 

サークルとは、学生が自分たちで立ち上げた団体のことを指します。

部活動に比べると和気あいあいと、楽しくやっているイメージです。

 

僕は高校のときにテニス部だったので、大学1年生の前期に、テニスサークルに所属していました。

 

ですが、すぐにやめてしまいました(笑)

 

その理由は、後の文で説明しています!

 

大学に入学すると、友達との間でサークルの話が話題になったり、先輩からの勧誘などもあり、意識しますよね。

 

ですが、サークルは必ずしも入らなければならないものではありません。

サークルに入らないという選択肢もあります。

自由です。

 

今回は、個人的にサークルには入るべきなのか、僕なりにそのメリットとデメリットを紹介していきます!

 

サークルに入るメリット

友達が増える

この点が大きな魅力だと思います。

僕も5か月ほどしかサークルに入っていませんが、友達を何人か作ることができました。

 

入学当初は、「一人ぼっちになるのは嫌」

 

という思いもあったので、このサークルで何人か友達を作ることができて良かったと思っています!

 

僕とは別に、実際に4年間サークルに入っている友達は、様々な学部に知り合いがいます。

このサークルに入ることによって同じ学部だけでなく、いろいろな人と関わることができるので社会勉強にもなり、良い経験になると思います。

 

僕が仲の良い友達は、学校内でとても顔が広く、一緒に校内を歩いていると、

 

「おお、久しぶり!」

「おはよう!」

 

などと、僕は誰とも知り合いにすれ違わないのに、彼は数メートル進むだけでたくさん声をかけられます(笑)

この点はとても羨ましいと思いました。。

学校以外の休みの日も、そのサークルの仲間たちと遊んだり旅行に行ったりしている人もいるので、それも大きな楽しみの一つですね!

 

趣味を楽しめる

サークルはたくさんの種類があります。

スポーツ系もあれば文化系のサークルもあります。

それぞれの学生が興味のあるサークルに入るので、同じ趣味・感性をもった学生たちと交流できるので、仲良くなれることが多いと思います。

例えば、趣味がないという人でもちょっと興味のあるサークルに入ることで、新しい趣味を見つけることが出きるかもしれません。

また、趣味を楽しめる仲間がいるので続きやすです。

息抜きに趣味を楽しむためにサークルへ行くという考え方もありますね。

サークルに入るデメリット

時間がなくなる

僕はこの点が影響してサークルを続けることが難しかったです。

というのも、僕は家から大学まで片道2時間の通学時間だったので、学校の授業を受けるだけでも帰りが遅くなることもありました。

僕が所属していたテニスサークルは週に3回に練習で、夕方から7時ごろまでだったので、家に帰る頃には10時を過ぎてしまっていました。

もちろんそのあとバイトをする時間も元気もありません。

なので、僕はサークル活動をすることによって、アルバイトの時間を作ることができませんでした

その結果、アルバイトをするため、サークルをやめることにしました。

通学時間が長い学生はどうしてもなかなか長続きすることが難しいですよね。

 

お金がなくなる

これはさっきの時間がないという点にも繋がります。

それに、お金を使う額もサークルによっては大幅に増えると思います。

 

  • 入会費
  • 年会費
  • 飲み会代
  • 合宿代

 

などなど、この他にもサークルによっては必要な備品を買いそろえる必要もあります。

サークルに入らない人に比べると、明らかに使う金額は増えると考えられます。

そのためには、お金を稼ぐ必要はあります。

親に全部負担してもらえる学生であれば問題ないかもしれませんが、ほとんどの学生がアルバイトをすると思います。

遊ぶためにはお金が必要ですからね。。。

 

 

 

サークルに入らないと学生生活つまらない?

 

つまらなくありません!

サークルに入らなくても学生生活は十分に楽しめます!

 

サークルをすぐにやめた僕がどのような学生生活を過ごしていたかちょっと紹介します。

 

アルバイト

僕の場合であれば、サークルをやめて、2年生の頃から大学でアルバイトをしていたので、そこで友達が多くできました。

僕の他にも、サークルには入らずにアルバイトばかりしている友達もいました。

アルバイトをすることで、そこで新たな人と出会うことができますし、自分とは違った年代の人とも交流することができます。

でも、バイト先によっては全然仲良くないところや、会話が一切ないところもあるみたいなので、その辺は慎重に選んでください(笑)

アルバイトをすることで、

 

  • お金が稼げる
  • 社会勉強もできる
  • 友達もできる

 

このように、多くのメリットがあるので、サークルに入らずにバイトに力を入れるという選択肢もアリだと思います!

 

学外での活動

僕は3年生になってから、企業のインターンシップに行きまくっていました。

この経験は僕にとってとても大きなものとなりました。

学校内での繋がりも良いですが、他大学の学生と交流をすることで様々な刺激をもらうことができます。

 

  • 意識高い系の学生
  • 海外留学・ボランティア
  • 学生団体のリーダー

 

などなど、僕はこのような学内では知り合うことができなかった人たちと仲良くなれることができました。

外へ出てみることで自分の視野も広げることができますし、新たな出会いもあります。

なかでも、このインターンシップは誰でも参加できるものもあるのでとてもオススメです。

インターンの体験談については、別の記事で書いているので良かったら見てくださいね!

あと、就職活動でも有利になりますからね(小声)

 

資格・学業に力を入れる

サークルに入らない分、自分の時間が増えます。

その暇な間に、興味のある分野の勉強をしてみたり、将来使えそうな資格の取得に励んでみるなど、自分の将来のために時間を有効活用することができます。

たっぷりと時間に余裕がある生活が送れるのも、おそらく大学生までです。

ほとんどの人が企業で働くことを考えると、自分の時間が減ってしまいます。

その有意義な時間を自分の自己成長のために使うことで、間違いなく将来の自分の助けとなります。

僕は資格を取得したり、本を読むことで自分に自信がつきましたし、前向きになることができました。

 

Twitterで趣味の合う仲間ができる

僕はバンドが好きで、ライブに行くことを趣味としています。

なかでも、メジャーデビューしていないような、世間的には有名でないバンドが大好きなので、趣味の合う友達がいませんでした(笑)

軽音サークルにでも入ればいたかもしれませんが、ステージに立ちたいという願望は全くなかったので入りませんでした。

そこで、Twitterで音垢があることを知り、僕も始めました。

そこで自分と趣味の合う友達を見つけることができてとても嬉しく思っています!

今でもそのライブ仲間たちと一緒に遊んだり、ライブに行っています。

このように、友達を作る手段は、サークル以外にもあるのでTwitterなどのネットで探してみるのも良いのではないでしょうか。

 

 

結論

 

サークルに入らなくても、

充実した大学生活は送ることができる!

 

まとめると、自分次第ですね。

大学生には時間もありますし、多くの選択肢があります。

 

  • 自分が何をしたいのか
  • どういう大学生活を送りたいのか

 

ということをよく考えて行動する必要があります。

自分次第で環境も生活も変えることができるとても良い時期なので、有意義な大学生活をおくれるように、よく自分と向き合ってみてください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました